みくじょーブログ

エンジニア転職を目指す24歳の日常

TECHCAMP10週間の学習を終えて

 

こんにちは!エンジニア転職を目指す24歳みくじょーです!

 

私は新卒で入った会社を7月に退職し、エンジニア転職を目指して活動しております!

こちらのブログではそんな私の考えていること、プログラミングのことなど、想いのまま書いています!

ぜひ読んで一度読んでみてください!

 

↓目次はこちらです↓

 

 

 

私は8/3~10/9までTECHCAMPに通い学習を続けてきました。

その10週間の感想を書かせていただきます!

 

 

 

カリキュラム

まずカリキュラムに関してですが、こちらは非常によかったです。

理由は

 

「大体のことは読めばわかる」

 

ということです。

 

こちらは当然のように思えて意外とそんなことはありません。

 

特に私たち未経験から始める勢としては、

エンジニアにとって当たり前のことが全くわからなかったりします。

 

そう言ったところへの配慮があり、常に改善されているカリキュラムは

さすがだな。と感じておりました。

 

また、実際に学習期間中にも、復習しようと過去の箇所を見ると

カリキュラムの内容が追記されてたりしました。

 

常に現場の声を反映させて改善し続けていることが見て取れることは、

そのカリキュラムで学習していて気持ち良かったです。

 

 

 

転職サポート

続いて転職サポートについてです。

 

転職サポートはネット上では

 

「意味がなかった」

 

という趣旨のコメントをよく目にします。

 

 

実際に現在、転職サポートを受けている最中の私としてはまだわからないことも多いとは思いますが、今のところは満足しています。

 

その理由としては、

 

学習期間中から嫌でも転職活動を意識させられる

 

からです。

 

 

具体的には学習期間中に各種セミナーがあったり

履歴書・職務経歴書の提出を求められたりします。

 

 

正直、学習期間中は、

 

「この期間は学習に集中させてくれ。」

 

と思ってましたが、いざ転職活動が始まるとあらかじめある程度の準備ができていることが非常に心強いです。

 

 

それに、TECHCAMPに通っている目標はただ単にプログラミングを覚えることではなく、エンジニアとして転職を成功させることです。

 

ですので、本来の目的達成のためには、こうして同時進行で転職活動の準備を進める必要があると思います。

 

そういうところは独学では難しく、

スクールならではの利点なのではないでしょうか?

 

 

 

学習環境

続いて学習環境についてです。

 

以前、マコなり社長が

 

「TECHCAMPはコロナの影響で基本オンラインになったけど、

それでもやり切らせる仕組みがあり、

やり切らせる自信があるので教室に通うスタイルと金額は変えない」

 

というような話を何かしらの動画でされていました。

(詳しくどう言った趣旨で言っていたかはわかりませんが私はこう捉えました)

 

 

しかしながら、実際に通っていた感想としては

 

「やらざるを得ない環境」は自身で作る必要がある

 

と感じました。

 

 

もちろんTECHCAMPの仕組みとして「やらざるを得ない環境」作りに注力していることはわかりました。

 

それは、1日に複数回のアウトプットタイムがあり、その時間にアウトプットするためにどうにか学習を進めないといけないというような仕組みが構築されているためです。

 

しかしこの仕組みは、

 

アウトプットはあるものの、参加に強制力がないため

班員のモチベーションに左右されてしまう。

 

 という実体でした。

 

実際に私の班では、終盤には常に1~2人しか集まらなく、それも毎回決まったメンバーのみの参加でした。

 

定期的なアウトプットのシステムは非常に良いものの、

それを運営する仕組みが十分ではなく、参加者のモチベーションに左右されることは非常に残念でした。

 

 

 

まとめ

まとめるとTECHCAMPは、

 

仕組み作りはしっかりできているけれど、

運用は同じ班のメンバーのモチベーションに左右される

 

というような印象でした。

 

「やらざるを得ない環境作りを外注する。」

 

という目的で入校した私にとって、正直70万円に見合った環境ではなかったと思います。(もちろん私に周りを巻き込む力がなかったのも原因ではありますが。)

 

 

カリキュラム内容や全体的なサポートは充実しており満足しておりますが、

私にとって最も求めていた要素が欠けてしまいました。

 

 

 

 

最後に

本日はこのような記事を書きましたが、

私はTECHCAMPに入校したことに一切後悔はありません。

 

理由は、モチベーション高く学習を継続できるかどうかなんて結局は自分次第だからです。

 

 つまり、スクールは手段の一つではありますが、

信頼を置きすぎるのではなく、結局信じるのは自分自身だということですね。

 

 

もしもこの記事を読んでいただいた方でスクールへの入校を検討されている方がいましたら、そのスクールにどういった要素を求めて入校するのか明確にしましょう。

 

その上で、本当にスクールが必要か検討できれば

後悔のない選択をできると思います。

 

 

今日の記事は以上になります。